四国旅マガジンGajA058号発売でっす!

2013年11月25日

こんにちは〜。
お久しぶりのいたうです。

 

「四国旅マガジンGajA058号」が本日発売開始となりました!

今回の特集テーマはずばり“美味しい四国”。

 

水揚げされたばかりのピチピチしらすを、

ふっくらと蒸し上げた“ふわふわしらす”の絶品のっけ丼。

(水揚げから5分以内に釜に入れられるのが旨さの秘訣なんですって!)

 

タコ漁師のご主人がとってきたタコを豪快に炊き上げた、

湯気まで美味しい「タコ飯」。

(また、付け合わせのおかずも旨いんだよ。涙)

 

下関にも負けない良質のフグがとれる伊予灘沖で味わうふぐ料理。

(フグ鍋の〆ぞうすい…、旨いんだこれが。)

 

などなど…まだまだ、ここでは語り尽くせない旨いもんがたっぷり詰まってます。

四国でとれた新鮮食材を、四国で味わう。

滋味はその土地で味わうのが一番美味しいですよね。

 

第2特集では、地元民に愛されてきた「ソウルフード」を訪ねる旅へ。

たこ判にペラ焼き、三津浜焼きに骨付き鳥、フィッシュカツなど、

懐かしい、愛情たっぷりのあの味を頂いてきました。

↑徳島っ子のソウルフード「フィッシュカツ」!

(子どもの頃から慣れ親しんだ味が、大人になっても変わらず味わえるのって嬉しいですよね)

 

そしてそして、旨いごはんには、旨い酒がつきもの!

ということで、第3特集は四国に数多くある酒造場の中でも、

新しい試みをしているつくり手さんや、若手蔵人にクローズアップ。

ラベルを見ただけでは分からない、酒への情熱を聞いてきました。

(運転しなきゃなので、その場で飲めなかったのが飲兵衛の私には苦行でした。笑)

 

 

と、内容盛りだくさんでございます。

「四国旅マガジンGajA058号」本日から発売開始です。

書店、コンビニ等でゲットくださいませー!

四国外の方はネットでのご注文が便利です。

http://shikokumall.shop-pro.jp/?pid=66986576

 

 

(いたう)

 

No Comments

郊外のギャラリーで素敵な秋を

2013年11月05日

栗、柿、さつまいも…
これみんな、最近、ご近所さんからいただきました。
豆柴、秋が大好きです。
 
さて、連休はしばし食い気を忘れて、素敵なギャラリーにおじゃましてきました。
松山市高井にある 3ta2 gallery さん。

目的は、豆柴の大好きな版画家・スミダヒロミさんの個展「布と版Ⅲ」です。
 
染め物コーナー。

バッグの制作はみやもとゆりえさん。軽くて丈夫で、素敵です!
裏までかわいいTシャツは1点物。早いもの勝ち!!
 

豆柴は、手描きのTシャツと、版画が6枚もついたカレンダーを購入。

版画は使い終わったらきれいにはがして飾るつもりです。
 

ちょうど差し入れの手づくりおやつが届き、
便乗させていただきました~(*^_^*)

やっぱり秋って素敵だなあ。
 

========================
スミダヒロミ作品展「布と版3」
日時:~11/10(日)11:00~17:00(最終日は16:00まで)
場所:3ta2 gallery
http://3ta2-gallery.com/
☆スミダヒロミさんのHPもぜひご覧ください。
http://ww82.tiki.ne.jp/~tobuhabakuku/
========================
 

(豆柴)

No Comments

三連休の予定はお決まりですか?

2013年11月01日

こんにちは。

編集部は取材ピークから原稿書きピークに突入しました。

現実逃避のため、ブログを書いています・いたうです。

頭の中でずっと「サライ」が流れていますが、ゴールテープはまだまだ先のよう。

GajA058号、絶賛進行中です。

 

さてさて今日は、先日行ってきた香川のお話。

このブログでも以前ご案内した都築響一さんとGABOMIさんのトークイベントへお邪魔してきました。

イベントは午後からだったので、午前中はこちら「猪熊弦一郎現代美術館」さんへ。

美術館の屋根の上にはどどーーんと「宇和島駅」の看板が…。

そう、大竹伸朗さんの「ニューニュー」展です。

よかったーやっと行けました。

 

今回の展示は、四国・宇和島へ移住してから25年を経て、

新しい局面を迎えつつある氏の「現在」に焦点を絞った久々の大規模新作展。

 

ドキドキしながら入り口へ。

「時憶/雲」

300本ほどの直管のネオン管を組み合わせてつくった「雲」のような作品が出迎えてくれました。

本展のために、ここ丸亀で滞在制作された作品だそうですよ〜。

さてさて、奥には…。

 

 

とまあ、ニューニューのご紹介はここらへんで。(焦らすよ〜。笑)

あとは実際にご覧になってみてください。

三連休の最終日まで開催されておりますよ!

 

朝からGajA057号「麺特集」を片手に、さぬきうどん巡り。

お腹がいっぱいになったところで、GajA056号「アート号」を片手に「ニューニュー」へ。

GajAおすすめの休日の過ごし方です。笑

 

「大竹伸朗展 ニューニュー」

〜2013年11月4日(月・祝)会期中無休

所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

開:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

観覧料:一般950円、大学生650円、高校生以下または18歳未満・丸亀市に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

 

 

話を戻しまして。

ニューニューで頭と胸がいっぱいになったその後に向かったのが、

都築響一さんとGABOMIさんのトークイベント

「都築編集長ー!国分寺がスゴイですー!」

会場は地元・国分寺の方々でいっぱい!

GABOMIさんが国分寺について約1カ月半取材調査した内容を、

写真スライドを見せながら都築編集長に報告していきます。

 

にしても、出てくるわ出てくるわ。

国分寺の魅力がざっくざく。

若者たちはどこで遊ぶのか?(→結論、イオンらしいです)から始まり、

地元の中高年の方に人気の「カラオケ喫茶」の歴史と現状。

国分寺で盛んに栽培されている盆栽について。

1986年に国分寺に降り注いだ隕石と、その後おとずれた隕石フィーバーについてなどなど。

GABOMIさんの写真スライドには、地元国分寺のみなさんの笑顔がたくさん溢れていました。

会場には、取材を受けたご当人たちもいて、生の声を聞けたのも面白かったです。

 

そして、あっというまの90分が終了!

まだまだ聞きたかったなと思う、楽しいトークイベントでした。

GABOMIさんの熱意、そして愛のある取材調査を見て、

私ももっと頑張らねば!と決意した次第です。

 

GABOMIさんは現在、都築響一さんが発行する人気のメールマガジン ≪ROADSIDERS’weekly≫にて、

「高松アンダーグラウンド」も連載中です。

知られざる高松の魅力を、写真とともに伝えてくれます。

こちらもぜひチェックしてみてくださいね〜。

http://www.roadsiders.com/

 

 

さてと、仕事に戻ります。

ふぁいっ!

 

 

 

(いたう)

No Comments

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します