アート作品に泊まろう

2014年02月28日

こんにちは。

絶賛ブログ更新中のいたうです。

今日は「四国旅マガジンGajA059号」の第3特集をご紹介。

第3特集では、4月10日からグランドオープンする

「道後オンセナート 2014」の魅力に迫りました!

 

そもそも「道後オンセナート 2014」とは……

日本最古の湯ともいわれる道後温泉。

その「道後温泉本館」が、今年、改築120周年!

それを記念して開催されるアートフェスティバルのことです。

 

な、なんと、道後温泉本館自体がアート作品へと変貌!

ホテルや旅館をはじめ、道後エリア内に体験型アートを点在させ、

アートめぐりをしながら、道後の街歩きも楽しめちゃうというお祭りなのです。

アーテイスト陣も豪華な顔ぶれですよ~。

 

そんな盛り沢山なプロジェクトの中から、

“泊まれるアート”「HOTEL HORIZONTAL(ホテルホリゾンタル)」に注目しました。

道後の旅館・ホテルの一室をアーティストがそれぞれ担当し、

実際に宿泊できる作品として空間演出するというもの!(見学だけもOK)

 

昨年12月のプレオープンを機に、公開されているお部屋にお邪魔してきました。

このカボチャでわかりますね(笑)。

そう、草間彌生さんのお部屋です。宝荘ホテルさんにあります。

往年の作品から新作までが一堂に見られる、またとない機会です。

撮影中のカメラマンをこっそり盗撮。

部屋の鍵も、もちろん水玉。

部屋のどこか隠れているシークレット草間さん。

ぜひお部屋に足を運んで、探してみてください。

 

 

と、お見せするのはここまで!あとはGajAでチェックください(笑)。

とっても素敵なお部屋ばかりです。

フィンランドのファブリックブランド「marimekko」でも活躍された

愛媛県砥部町出身のデザイナー・石本藤雄さんの単独インタビューも☆

 

 

「四国旅マガジンGajA059号」は、書店・コンビニで現在発売中です。

お近くの店舗にない場合は、Amazon、公式ショッピングモールにて。

 

(いたう)

 

 

 

 

 

No Comments

ゲストハウスにハマりそう

2014年02月26日

こんにちは!(´З`)

2日連続ブログ更新中のいたうです。

有言実行、有言実行!

 

さて、昨日から発売中の「四国旅マガジンGajA059号」。

第1特集ネタは昨日ご紹介しましたので、

今日は、第2特集についてご紹介。

 

第2特集は「ゲストハウス」特集。

バックパッカーもお遍路さんも、女性の一人旅もどんとこい!な

個性派ゲストハウスさんの元を訪れました。

カヌー体験をしてみたり、

夕暮れの中、わいわいとバーベキューをしてみたり。

↓吉野川沿いにたたずむ「モモンガビレッジ」さん

 

「アイランドガール」さんでは、島探索後に鍋をつくって、こたつで食べたり。

↓こたつがあれば、人が集まる!

 

道後の「ふじ屋」さんでは、送別会という名の宴会に参加させてもらったり。

↓宴会のもよう(ここでもこたつ。笑)

 

高知の手づくりゲストハウスさんで、カツオのかぶりものをかぶってみたり。

↓見よ!この満足げな表情。

とってもとってもハートフルな取材旅ができました。

ひとつ屋根の下、そこで出会った人たちと

お酒を酌み交わしたり、旅の話に花を咲かせたり。。。

初めて会ったのに、前から知っているようなあたたかさ。

 

これはクセになりそう。笑

 

「四国旅マガジンGajA059号」は、書店・コンビニで現在発売中です。

お近くの店舗にない場合は、Amazon、公式ショッピングモールにて☆

明日は第3特集の「道後オンセナート 2014」について!

こうご期待!

 

 

(いたう)

No Comments

「四国旅マガジンGajA059号」できました~

2014年02月25日

こんにちは。

お久しぶりすぎますね(汗)。どうも編集部いたうです。

本日より「四国旅マガジンGajA059号」が販売開始となりました。

ででーーーん!

今回の特集は「四国をディープに体感できる宿」でございます。

 

第1特集は、農業や釣り、自然遊びなどに参加できる「体験型民宿」にクローズアップ。

見てください、思わず「やっほー」と言いたくなるような大自然。

民宿のお父さん、お母さんとの会話に癒やされ、

その土地でとれた新鮮なお野菜やキノコ、

捕れたて(?)のジビエでつくったお料理で満腹に。

囲炉裏囲んでの食事もいいですね~。

 

体験内容は宿によってさまざまです。

そばの実を取り出したり、その粉を使ってそばを打ったり、

ピザ窯でキノコたっぷりのピザを焼いてみたり。

野菜の収穫や、草木染め、川遊びなどなど、内容盛りだくさんです。

もちろん、何もせずにゆったりと過ごすのもOK。

 

 

高知県の「はこば」さんでは、

近くの沢に自生しているクレソンをとりにいきましたよ。

クレソンってこんな風に生えるのですね。

こういう発見があるのも体験民宿の魅力のひとつ。

大漁やでー。

しゃぶしゃぶやサラダ、おひたしにしていただきました。

おいしかったーー。

 

とまぁ、長くなってしまったので、今日はこのへんで。

明日は第2・3特集について語ります。

こうご期待!

 

 

四国旅マガジンGajA059号

「四国、ディープ泊(ステイ)」

書店・コンビニで好評発売中☆

Amazonや公式ショッピングモールでも購入できます。

 

 

(いたう)

 

 

No Comments

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します