なんともいえない甘さがクセに!

2013年12月28日

こんにちは。
ご無沙汰しております、さぬき人です。

昨日は本社で忘年会のため
久しぶりに松山へ。
2次会まで参加しての
飲酒でございました。

松山で飲んだ日の翌日は
絶対に食べたくなるのがこれ!!



老舗「アサヒ」の鍋焼きうどんでございます。
もう何度も通っているのですが
今日は初めての卵入りにチャレンジ。
出汁の甘みと卵の甘みが混ざり合って
なんともまろやかで美味しかったです。

初めて食べたときは、甘い出汁に驚きましたが
今ではすっかりファンになりました。
さぬきうどんとはまた違った
味わい深さがありますよね。

場所が少しわかりづらいですが、
みなさんも松山に行かれたら
ぜひ召し上がってみてくださいね。

それでは、よいお年を!

(さぬき人※年越しは意外とそば派)

No Comments

若人との交流

2013年12月20日

おはようございます。

今朝の松山、雨風がすごかったですね。

みぞれ混じりの雨に、若干テンションがあがったいたうです。

(台風の日、怖いけどワクワクするあの感じ)

みなさん、通勤通学中、怪我などされてませんか?

 

さて、GajA058号「美味しい四国、ここにあり。」が発行されて約3週間。

うれしいご感想を続々いただいております。

ありがとうございます。

 

お正月休み、四国に来られる方!

友人を四国にお招きする方!

今回のGajA、かなり役立つと思います。

四国内の書店、コンビニエンスストアはもちろん、

四国外の方は、webサイト「四国もーる」、「Amazon」で 購入できちゃいます。

ぜひチェックくださいませ。

 

さて、告知もほどほどに。

実はこのGajA058号の進行中、私、若人と戯れて、いや交流しておりました。

というのも、愛媛大学の学生さん2人が、インターンシップで編集部に来てくれていたのです。

3回生のIさんと、2回生のTくん。

 

企画作成、取材、打ち合わせ、本が出てからの販促活動などなど。

3カ月間13回にわたって編集部に通ってもらいました。

写真は書店用のPOPを一緒に作ってるときのもの。

 

ふたりとも本当にしっかりしていて、

「私、この年齢の頃何してたっけ・・・汗」

と、●年前の学生時代の自堕落ぶりを反省。

 

なんでも果敢にチャレンジしているふたりを見て、

「若いもんには負けん!」

とやる気スイッチを押されたのでした。

 

 

年末年始進行がんばるぞーーー!

 

 

 

(いたう)

 

 

No Comments

松鳥むうさん原画展

2013年12月12日

こんにちは。

命のホッカイロを忘れて、朝から震えが止まらない【いたう】です。

編集部のデスクをコタツにしてくれないかな…。

もちろん、愛媛のみかんと猫付きで。

 

という妄想は置いておいて。

今日は素敵な展示会のご案内を。

以前編集部に遊びに来てくれた、イラストレーター【松鳥むう】さんの

原画展が高松で開催されます。

『ちょこ旅 瀬戸内』発刊記念 原画展

日程:2013年12月21日(土)〜2014年1月5日(日)

場所:mont-bell 高松店

(香川県高松市香西本町1-1 イオンモール高松1F)

http://store.montbell.jp/

TEL:087-842-7707

島旅好きな松鳥さんが描いた、100%イラストエッセイ

『ちょこ旅瀬戸内』と『島旅ひとりっぷ』の

原画とちょこっとエピソードがついた心温まる展示です。

年末のお休みはmont-bell 高松店へGO!

 

 

(いたう)

 

No Comments

手島のおもひで

2013年12月10日

こんにちは。

お久しぶりのいたうです。

はやいもので、師走ですよ師走。

ジェットコースター並みの早さで過ぎて行く毎日に、

振り落とされぬようしがみつくので精一杯です、はい。

 

さて。みなさん、GajA058号はチェック頂けましたでしょうか。

今号は「美味しい四国」をテーマに、

四国各地の滋味やソウルフードをご紹介しております。

もちろん、美味しい食事にぴったりの地酒の情報も♡

 

年末年始の四国旅に。

四国にお住まいの方は帰郷した家族やご友人と。

GajA片手に四国ならではの「食」を楽しんでくださいね。

 

そして、好評連載中の「帰ってきた! 島村さん、こんにちは。」では、

人口わずか40名足らずという、塩飽諸島の小島「手島(てしま)」へ。

その島で国内最高品質と讃えられながら、

時代の波に押され消えかけていた“幻の唐辛子「香川本鷹」”を

育てている生産者の元を訪ねました。

私たちを出迎えてくれたのは、太陽の光を受けてピカピカと光る「香川本鷹」。

御座の上を覆い尽くす様は、まさに自然のレッドカーペットといったところ。

燦々と降り注ぐ太陽の光の下、高田さんご家族が収穫に精を出してらっしゃいました。

その取材内容は、ぜひ誌面でチェックしてみてくださいね。

 

取材で頂いた「香川本鷹」の一味。

パンチのある辛さと、コクのある後味で、

鍋のお供にぴったりでした♫

 

「島村さん、こんにちは。」では、GajAサイトにて動画も配信中です!

ぜひこちらもチェックください(´∀`)

http://gajalog.com/shimamurasan/

 

(いたう)

No Comments

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します