箱庭を思わせる三段構えの港 箕浦漁港(香川)

2011年08月25日

箕浦漁港(香川)の写真画像 瀬戸内海沿岸には、天然の良港が連なっている。箕浦漁港もその一つだ。

 天正18年(1590)頃に掘割の荷揚げ場を造成したといわれており、江戸時代には漁港としてはもちろん、讃岐名産の和三盆などの出荷の拠点としても栄えた。

 大正5年には内港が造営され、西讃(香川県西部)で屈指の水揚げを誇った。

 やがて、土砂の堆積で船の出入りが困難になるが、昭和5年に漁協の組合長が私財を投じて外港を完成させた。

 掘割、内港、外港の三段構えになった漁港は、訪れるものに瀬戸内の漁業史を語りかけてくれる。

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します