「白昼夢ー松本俊夫の世界」プレ・イベント

2012年07月26日

ハロー、豆柴です。
 
ある日の会話。
豆「ジャンボ編集長みたいな人のことを、
  ひとことで言うとすると、なんて言えばいいんでしょう?」
ジ「よもだ」(即答)
 
・・・深い。
・・・か?
 
それはさておき
愛媛の文化をリードする施設のひとつ「久万美術館」さんより
2012年度自主企画展「白昼夢ー松本俊夫の世界」の情報がはいってきましたよ。
 
9月8日からの企画展にむけて
今週末(29日)に、プレ・イベント「松本俊夫 映画上映会」が行われるそうです。
 
企画展の非公式ツイッターはこちら。
https://twitter.com/MatsumotoToshio
 
1969年公開の「薔薇の葬列」の主役は、16歳の新人ピーター。
ほかに、短編実験映画と愛媛初公開の新作が上映されます。
若い方にとくにおすすめ!
きっと新鮮な体験になると思います。

豆柴も行く予定なので
会場で小さいわんこをみかけたら声をかけてくださいね♪
 
(豆柴)

No Comments

遍路は楽しい!

2012年07月09日

こんにちは、
豆柴、先日ちょっと煩悩を捨ててきたので
もう暴飲暴食はいたしません(今日はねっ!)
 
じつは、関東の知人を案内して
四国八十八カ寺の4つのお寺を車で回ってきたんです。
楽しかったー。
 
山道のそばの湧き水や、可憐な草花をながめたり
お堂の見事な欄間や、山門の仁王像に感動したり
お茶や桃のお接待をいただいたり。
ほんとうにたくさんの思い出をいただきました。
 
取材ではなくプライベートだったので
ゆったりとした気持ちだったこともあるのでしょうが
やはり実際に行かないとわからないこと
気付かないことってあるなあと改めて思いました。
 
まもなく見頃となる、雲辺寺のギボウシ(052号「満開・絶景を旅する」)。

 
煩悩を落とすという弥谷寺(035号「空海のいた四国」)の108段の石段。
こわごわ上から撮ってみました。

 
喫茶店の入口で売ってた飯山の桃を買いました。
なんと一箱800円。

やっぱり遍路は何度でも楽しい!
 
(豆柴)

No Comments

四国のいいモノ発送中!

2012年07月03日

こんにちは。
湿気で髪の毛がアフロになりそうな豆柴です。
梅雨ってやーねー。
 
マジメな話、梅雨時の取材は天候に左右されるので
心臓にわるいんですよねー。
ジャンボ編集長の悲哀に満ちたほほえみがコワイ・・・。
 
そんな中、豆柴は黙々と読者プレゼントを発送しております。
せっかくなので、送る前に
高畠華宵大正ロマン館さんからいただいたチョコレートBOXを
レトロ風カメラで撮ってみました。

ちょっと色は沈みますけど、なかなか素敵じゃあ〜りませんか。
 
これも撮ってみよう。

わわっ、青空が夕暮れの空に!
程野商店さん、ごめんなさい!!
(ほんとはとってもさわやかなブルーの箱です)
 
四国の美味しいモノ、素敵なモノが当たる読者プレゼント、
発売中の052号の巻末に応募はがきがありますので
アンケートにお答えのうえ、どしどしご応募くださいね。
はがきはなんと切手不要! 太っ腹!(笑)
 
(豆柴)

No Comments

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します