可動橋!!

2011年09月15日

4歳になる坊主にせがまれて、行ってきました。

高知県の香南市にある手結内港(ていないこう)の可動橋・・・・・

フミキリストの坊主にとっては、お気に入りの場所のようです。

あと四国には、愛媛県の長浜にも可動橋があります。

 

四国には、探せばいろいろなスポットがあります。

今後も、おもしろいスポットがあれば

紹介させていただきます。

 

(ぶち)

 

No Comments

愛媛経済レポート掲載!

2011年09月12日

本日は中秋の名月。月にむかって吠えたい豆柴です。
おーい、団子ー!お茶ー!
 
さて、雑誌といえば取材がつきものですが
なんと、ジャンボ編集長が逆取材されましたー!
 
編集部に来てくださったのは、週刊愛媛経済レポートさん。
カラー写真入り!!!

わはは、ジャンボ編集長満面の笑み。
なんかいつもよりきれ・・・(強制終了)
 
「以前から“本棚に残る雑誌”を作りたかった。
 GajAはまさにそうした雑誌」

 
なかなかいいこと言うとりますよ。
 
GajAは創刊12年、次号で50号を迎えます。
さらにさらに盛り上げていくつもりですので
よろしくお願いします!!
 
(豆柴)

No Comments

高畠華宵大正ロマン館・特別展「幻想の庭」

2011年09月02日

今年は鹿児島名物「白熊」を食べそこねた豆柴です。
ここは四国ネタ限定なので、白熊を知らない人は自分で調べてね。
(↑不親切)
 
さて、現在、四国は台風まっただなか。
みなさん、なるべく早く帰りましょう!
だがしかし、これだけはお知らせしておかねばっ!
 
豆柴のだ〜〜い好きな高畠華宵大正ロマン館で
なんと3年ぶりの特別展が始まるのです。
高畠華宵は、大正時代に美しく妖しい挿絵を描いた人。

この目が、なんとも妖艶なのです。
ファッションや背景も素敵すぎる〜。
はぁ〜、うっとり。
 
特別展のタイトルは
幻想の庭 —クリンガー・かいち・華宵—
9月10日(土)〜10月30日(日)までの開催。
20世紀初頭にドイツで活躍した画家・マックス・クリンガー、
大正時代に人気を集めた京都の図案家・小林かいち
同じく一世を風靡した挿絵画家・高畠華宵の作品世界を
「幻想」というキーワードでつなぎます。
大正という混沌とした時代の美意識に触れてみませんか?


***********************************************
特別展 幻想の庭 —クリンガー・かいち・華宵—
2011年9月10日(土)〜10月30日(日)
開館時間 11:00〜17:00(16:30入館締切)
休館日  毎週水・木曜
入館料  一般600円
○高畠華宵大正ロマン館
愛媛県東温市下林丙654-1
Tel 089-964-7077 
http://www.kasho.org/
***********************************************
 
(豆柴)

No Comments

画像:四国旅マガジンGajA

AREA CLOSE UP

高知県

定価920円
+税

A4版

2017年3月25日発行

今すぐ購入

バックナンバー

GajAを応援します